女性

ボトックス副作用をチェック【心配もかなり低い方法】

安全に行う為の知識

注射

どんなことが起こりうるか

ボトックス注射を行う上で起こりうるボトックス副作用の一つは、顔等の筋肉がたるんでしまった様な状態になる症状です。ボトックス自体は筋肉の緊張をほぐす効果等が期待できる物ですが、その効果が強く出てしまうと、顔がこわばったりたるんでしまったりすることがあります。ただこれらは確かにボトックス副作用と言えますが決して珍しい物ではなく、さらにボトックスの効果が消える様に徐々に改善されて行きます。またボトックス副作用としては、見た目の変化だけでなく頭痛等見た目には全く分からない症状を訴える場合もあります。ボトックス自体は偏頭痛の治療等にも利用されますが、元々頭痛持ちではない人が注射してしまうと神経系に作用してしまい、頭が痛くなってしまうのが原因です。ただボトックス治療自体は皮膚の浅い部分に注射する治療法となっているので、それ程重大な副作用は起こりにくいという特徴があります。それ以外では痒みを感じたり、アナフィラキシーショックの様な症状が出たりする場合も有りますが、これらの症状は強張りやたるみほど起こる事は有りません。しかしその人の体質によっては思わぬ重篤なボトックス副作用が発生してしまう可能性も有るため、十分気を付けます。気になる症状が出てきた場合や、呼吸困難等の症状が出た場合は必ず医療機関に相談し、必要な処置を受けるようにします。ボトックス自体はかなり前から世界中で行われており、日本でも施術を受けられる医療機関も増えている治療法です。もちろん体の中に異物を注入する事になるので、ボトックス副作用が絶対に起きないわけではなく、風邪薬を服用した時と同じ様に副作用のリスクは存在しています。ただ、実際にはボトックス治療自体は安全性が確立しており、ボトックス副作用の心配は少ない治療法となっています。しかし、注射液を注入する方法を取っており、その時に注入する量が多くなるとボトックス副作用が発生するリスクが増します。沢山効果を感じたいが為に沢山の液を注入するのではなく、実際にはどの様に効果が出ているのかその様子を見ながら調整しながら施術を受けるよう気を付けます。またボトックス副作用自体はそれほど心配しなければならない物は多く無く、徐々にその作用も軽くなって行く物が殆どです。しかし中にはその作用が強く出てしまう場合や、生活に支障をきたしてしまうことも有るため、不安な場合は必ず病院で診察を受ける様にします。また注射の効果自体は5日から6日程度経過してから出て来ますが、いつもと違う変化だった場合は副作用の可能性もあるので、医療機関に受診する方が安心です。