女性

ボトックス副作用をチェック【心配もかなり低い方法】

プチ整形なら知っておこう

看護師

健康と美容のために

ボトックス副作用はあるのか、実際に利用する人にはとても気になります。ボトックス注射は安全性が高く評価されていて、副作用がほとんどないと言われています。また、治療は注射を打つだけという簡単なもののため、ランチタイムトリートメントとも言われています。跡も残らないため、治療を受けた直後から普段の生活をすることが可能です。小顔効果やエラに対する治療が有名ですが、眉間や目尻のしわやほうれい線などにも効果があります。そのためアンチエイジングにも効果が期待できます。個人差はありますが目の下にボトックス注射することで、黒目を大きく見せることもできます。ボトックス注射は徐々に効果が現れてくるため、プチ整形したことも周囲にバレにくくなっています。しかしボトックス注射は一時的な効果のため、その効果は約半年程になっています。安全性があり、ボトックス副作用はあまりないと言われていますが、ボトックスを注入する場所や量などにより、表情に不自然さが現れることがあります。これは表情を作る筋肉が、効果が現れている間はその動きが制限されて、少しずつ萎縮してしまうためです。この症状も一時的なもので、しばらくすれば改善されて元に戻るので安心です。ボトックス治療の流れは、注射を打つだけのとても簡単な治療法です。そこに至るまでに、始めに主治医とのカウンセリングになります。そこで実際の効果やボトックス副作用などの説明、その後の流れや不安なことを納得いくまで相談します。その時に、効果の大きいしわや気になる部分を診察して、ボトックスによって効果があるのかも確認します。そこで箇所や症状により、ボトックス注射と他の治療との併用が効果的なケースがあります。施術が始まると、治療部位にボトックス注射します。麻酔シートなどで皮膚表面に麻酔をする場合がありますが、注射針を指す時の痛みを少し和らげるだけの簡単なものです。お薬は注射後すぐに神経に取り込まれていきます。そして施術終了直後から、日常生活に戻れます。ただしお化粧などの制限がある場合がありますので、医師に確認して下さい。ボトックス注射後、2日から4日が経っても効果が現れない場合には、追加のボトックス注射が必要になります。ボトックスの薬はたんぱく質が主成分となっているため、まれに抗体が体内で作られ効果が実感できない場合があります。そしてボトックス副作用で、顔の表情が不自然に感じたり不安なことがあったりすればすぐにでも医療機関に相談して下さい。